ニット生地で作る場合

a0123253_17201452.jpg

ニット生地で作る時ってどうしたらいいの?

そんな質問を受ける事があるのでちょっと説明しますね。


小物は洋服とは違いますので
その辺の常識は捨ててください。



私がよくお話しさせていただくのは。

どういう仕上がりを求めますか?

チェックニット特有のやわらかさが欲しければそのまま。

チェックしっかりと自立したものを作りたければ接着芯を貼る。

チェックふんわりも残しつつ、でも伸びてしまうのは困る時は薄手(柔らかい)の接着芯を貼る。



出来上がった物をどんな風に使いますか?

チェックバッグなど重量がある物を入れる場合は裏地はしっかりした生地を

チェックきんちゃくなら薄手のギャザーの寄りやすい生地を

チェックポーチならお好みの生地を



Tシャツに使うような薄手で柔らかい生地、伸びやすい生地は接着芯を貼らないと生地が垂れてしまいます。


トレーナーに使うような厚手の生地はふんわりしていていいのですが、ポーチに使うと中に影響して容量が少なくなってしまいます。


天竺ボーダーと言っても伸びは全然違いますし(^_^;)


ニットと言っても、千差万別でひとくくりには説明しにくいです。



a0123253_17201478.jpg

これは伸びにくい生地なので接着芯は貼らず。
裏地はひもがぎゅっとしやすいように薄手のリネンを使ってます。



使いたい生地に合わせて、接着芯を貼ったり裏地に工夫をして
まず作ってみてください。


ニットは触った感じと縫った時では違う事があるので経験で判断する部分が大きいです。



でも、失敗したくない気持ちもわかります~(゜-Å)

せっかく作るなら、できた~!って喜びたいですよね。
お気に入りの生地をお蔵入りにしたくないですよね。


その時は、まず、ポーチを作ってください。


ニットには薄手の接着芯を貼って、裏地はパリッとした中厚の布帛を。


ニットがふんわりしてる場合は裏地は縫い代を余分にとって小さ目に縫ってくださいね。
こちらが参考になります。


Patternshop snowwing

花ブルー初心者でも何度も作りたくなるバッグや小物の型紙を販売してます。
ホームページ
パターンカタログ
お問合せ

[PR]
by shop-snowwing | 2017-12-10 17:22 | 生地・材料について